現場で役立つ資料とツール

ここでは、データ活用のために役立つ資料やツールを提供します。

[参考資料]

① PM学会連載 データをビジネスに活用する実践アナリティクス

PM学会の学会誌にて連載中の記事です。
(オープンアクセス可能となった記事から順次掲載しています)

② 論文

[現場で役立つ資料とツール]

IT系企業における現場でデータ解析を学ぶために開発したツールですが、多くの会社で実務にも使用されています。
弊社が提供するセミナーの受講者は、下記リンクからファイルをダウンロードし、利用することができます。お知らせしたパスワードで zipファイルを解凍してください。

=> セミナー補足資料の入手
=> 現場で役立つ資料とツールの入手

現場で役立つツールの内容紹介(一部):

① 単回帰分析ツール
説明変数 X と目的変数 Y のデータから回帰直線を表示するためのツールです。関係性は真数で分析する方がよい場合と対数で分析する方がよい場合がありますが最初はそのどちらが適しているかわかりません。そこで、本ツールでは両方の分析を同時に可視化しています。詳細は「利用ガイド」シートをご覧ください。

② 生産性区分図作成ツール
生産性を可視化する方法の一つとして、生産性区分図を作成するためのツールです。プロジェクトのFPと工数のデータを両対数散布図にプロットした場合、各プロジェクトの生産性が、平均的な生産性に比べてどの程度高いのか(または低いのか)が分かりにくくなります。両対数散布図では、生産性の等しいプロジェクトを通る線は平行な直線になるという性質がありますので、平均生産性から±1標準偏差、±2標準偏差、±3標準偏差離れた生産性を表す直線を表示した図が生産性区分図です。生産性区分図の直線をどのように表示するのかについては、 readme.txt をご覧ください。

③ ステップワイズ重回帰分析ツール(SWIM: StepWIze Multiple regression analysis) 
変数の取り込みおよび除外を繰り返しながら、最適解を求める方法がステップワイズ法です。本ツールは CSV形式のデータを入力してステップワイズの分析を行います。利用方法の詳細については、「ステップワイズ重回帰分析ツール」フォルダに含まれる readme.txt をご覧ください。

[データ解析演習用データと解答]

データ解析およびAIの基礎を学ぶために開発した演習用データおよびその解法の資料です。弊社が実施するデータ解析セミナーの受講者は、下記リンクからファイルをダウンロードし、利用することができます。お知らせしたパスワードで zipファイルを解凍してください。

=> データ解析演習用データおよび解答の入手